神戸市西区の歯医者、江本歯科医院です。インプラント、審美歯科も。

神戸市西区の歯医者、江本歯科

tell

  • 診療案内
  • 一般歯科
  • 包括治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • MIミニマルインターベーション
  • 最新の設備
  • CTレントゲン
  • ヨーロッパ基準の滅菌器
  • 関連リンク
  • 日本歯科医師会
  • 兵庫県歯科医師会
  • 神戸市歯科医師会
  • 神戸市西区歯科医師会
  • 日本顎咬合学会
  • OSAKASUCO
  • S.A.D.Astudygroup
  • straumann

スタッフ募集

  • 歯科衛生士
  • 歯科助手

078-994-0648

携帯サイトスマートフォン対応

インプラント

インプラントとは?

インプラントとは、失った歯を補うために顎の骨に埋め込まれる人工歯根のことです。
歯を失った場所に、ネジのような形をした人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して歯を補う治療をインプラント 治療といいます。

歯を失ってしまった方には、このインプラント治療が有効です。欠損歯をブリッジや入れ歯で補うことも可能ですが、単独で咬み合わせの力を担えるのは、インプラントのみです。

  • 歯を1本失った場合
  • 歯を数本失った場合
  • 歯を全て失った場合

歯の状態


従来の治療方法 ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・両隣の健康な歯を削る必要があります。
    ・削られた歯への負担が増加します。
    ・歯を失った部分の骨がやせていきます。

インプラント

インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
  • デメリット
    ・両隣の健康な歯を削る必要があります。
    ・削られた歯への負担が増加します。
    ・歯を失った部分の骨がやせていきます。

歯の状態


従来の治療方法 部分入れ歯

部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。
    ・バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。
    ・違和感を感じることがあります。
    ・歯を失った部分の骨がやせていきます。

インプラント

インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
    ・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
  • デメリット
    ・健康保険が適用されない治療となります。
    ・比較的簡単な手術が必要です。

歯の状態


従来の治療方法 総入れ歯

個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。また、上あごの場合は、口蓋も覆います。

  • メリット
    ・短い治療期間となります。
  • デメリット
    ・入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。
    ・硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。
    ・味覚に影響する場合があります
    ・入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。
    ・あご全体の骨がやせることがあります。

インプラント

インプラントを用いた入れ歯は安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。

  • メリット
    ・メンテナンスをきちんと行なえば、長期間にわたって、機能と見栄えを維持することができます。
    ・天然歯に近い見栄えです。
    ・あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。
    ・自然に噛むことができ、おいしく食べられます。
    ・口元を気にせず、自然に話すことができます。
    ・入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。
  • デメリット
    ・健康保険が適用されない治療となります。
    ・やや複雑な手術が必要です。

インプラントを使った治療

初診時

初診時の時の写真です。

当院では、すべての患者さんに対してルーティーンとして初診時に5枚法の口腔内写真を撮らして頂い ております。
全顎的に他院で装着された不良な被せものがはいっている状態です。

問題点を抽出し、治療計画を作成して治療

まずは痛みのあるところを処置し、初期治療をおこないます。
写真は下顎に仮の入れ歯をいれた状態です。

※初期治療とは…歯垢や歯石などの付着物を除去したり、ブラッシング指導などをしてお口の中をきれいにすることです。

上唇と上頬から基準となる位置を決めます。

上の歯を全て借り歯にし、下の歯は総入れ歯にして入れ直している状態です。

③咬合面の確認

④診断用ワックスアップ

⑤下顎へインプラントを埋め込み

⑥最終段階

上顎ファイナル、下顎がプロビジョナルが完成し装着しました。
口唇との関係もしっかり確認します。

⑦メンテナンス

当院では良好な状態を維持するためのメンテナンスプログラムを充実させています。
そのため5年後も綺麗な状態です。
治療後の定期的なメインテナンスはとても大切なことです。

インプラントでこんな自然な歯に!

症例1

Befor

After

症例2

Befor

After

症例3

Befor

After

症例4

Befor

After

症例5

Befor

After

Befor

After

不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、歯科用CTによる診断、治療計画と、豊富な 経験から患者様に適した、安全・確実なインプラント治療をお約束いたします。

難症例

抜歯直後のインプラント埋込

骨や歯肉の状態により、抜歯直後あるいは1~2週間の間にインプラントを埋入できます。

  • 外傷や虫歯などにより歯根が歯折した場合、抜歯します。
  • インプラント埋入。
  • インプラントと骨の間に隙間(欠損)がある場合は、人工骨を移植します。
  • 骨と結合する期間(3~6ヵ月)を待ってアパットメントを装着し、歯冠を作り装着します。

抜歯直後に行ったインプラントの症例

上顎の骨が薄い場合のインプラント埋込

■ソケットリフト法(骨移植と同時に行う)

上顎の骨は下顎に比べて軟らかいので歯が抜けると、急速に吸収します。
吸収した上顎骨を造形する方法です。

  • 特殊な骨ノミで骨を押し上げホールを作る。
  • さらに骨ノミで圧縮、押し上げる。
  • インプラント埋入。
  • 骨ノミで埋入ホールを形成。骨移植による骨造形を行いインプラント埋入。

オステオインテグレーションの
のち、人工歯冠を装着する。

ソケットリフトを伴ったインプラントの症例

当院では3社のインプラントを使用しています

【ストローマン】

【ストローマン】

世界40ヶ国以上で使用されているストローマン。
国内、国外を問わずシェアが広く、インプラントの形状・サイズが日本人の顎に適しています。
神戸西区ではストローマンインプラントを使用している のは当院だけです。

【アルタデント】

【アルタデント】

カムログインプラントは、長年の経験に基づく研究から生み出されたデザインコンセプトと、世界屈指の
工業先進国ドイツにおいて高い技術で作り出された製品 です。歯科臨床で高い評価を得ています。
現代のインプラント治療に求められる応用性、治療のオプションが拡がります。

【GC】

【GC】

日本を代表するインプラント。
「Aanchor surface」のミクロ及びマクロな二重凹凸構造は、血液中に含まれる血小板やフィブリン線維が絡みやすく、また、これらの凹凸に沿って骨組織が形成さ れることにより、良好な定着感があります。

【白鵬】

【白鵬】

人に優しい生体材料を使用し、信頼性の高い製品を提供しています。体になじみやすいコーティングを行い、
インプラントの成功を導きます。
骨とインプラントの界面に骨形成のマトリックスとなる
カルシウムブリッジを形成し、高い骨伝導能を発揮して強固に骨と結合するとともにインプラント周囲骨を保存 します。

PAGE TOP