江本歯科医院は神戸市西区の歯科・歯医者です。神鉄栄駅からすぐ。経験豊富な医師がインプラント、審美歯科など最新の治療をご提供いたします。

江本歯科

tell

  • 診療案内
  • 一般歯科
  • 包括治療
  • インプラント
  • 審美歯科
  • MIミニマルインターベーション
  • 最新の設備
  • CTレントゲン
  • ヨーロッパ基準の滅菌器
  • 関連リンク
  • 日本歯科医師会
  • 兵庫県歯科医師会
  • 神戸市歯科医師会
  • 神戸市西区歯科医師会
  • 日本顎咬合学会
  • OSAKASUCO
  • S.A.D.Astudygroup
  • straumann

スタッフ募集

  • 歯科衛生士
  • 歯科助手

078-994-0648

携帯サイトスマートフォン対応

歯科用CTレントゲン『PLANMECA ProMax』

プランメカ社のPlanmeca ProMax 3D Maxを導入しています。プランメカ社製の歯科用レントゲンブランドProMAXシリーズは世界でトップクラスのレントゲン機器です。

より高い精度の治療をおこなうために
最新の歯科用CTレントゲンを導入しています。
(歯科医院ではまだ数%の導入率)


CTを導入したことで、正確で安全な診断・治療が 可能になりました。
2次元のレントゲンでは把握しづらかった口の中を
立体的な3次元画像で確認できます。

PLANMECA ProMax 3D Maxの特徴

多様な臨床を支える3Dイメージング

独自の3D再構成アルゴリズムを搭載しており、
高解像度かつ、正確で歪みのない3D画像を
得ることが可能です。
そのため治療の際に正確な診断が行えます。

診断価値を高めるロメキシス3Dイメージングソフトウエア

口腔内の状態の縦・横・正面の3方向だけでなく、
斜めからのスライス断面まで、
さまざまな表現で表示することができる
ロメキシス3Dイメージングソフトウエアを
搭載しています。画像再構成の精度も高く、
実際の顎に限りなく近い立体画像を
表示することができますので、
より診断価値の高い3D画像を得られます。

歯科用CTレントゲンのメリット

  • ●従来のX線写真では平面での診断しかできませんでしたが、歯科用CTでは3次元の立体画像で
    3方向から確認でき、多くの情報が得られます。顎の内部構造なども、リアルに見えます。
  • ●歯や顎だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣なども確認できます。
  • ●インプラントだけでなく、包括治療や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に
    応用することができ、正確な審査・診断ができます。
  • ●従来のレントゲンと比べて、放射線被爆量が極めて少ないです。(従来の1/10以下)
  • ●わずか数秒でCT撮影が可能です。検査結果や術後の評価がその場でわかります。
  • ●CTの撮影が必要な場合に、提携病院へ行かなくても撮影できます。

CTが活躍する治療

インプラント

インプラント治療では顎の骨に穴を開ける外科手術を行なうため、顎の骨の状態(質や厚み、 高さ、神経の位置など)を知ることがとても大切です。しかし顎の骨は歯茎の奥にあり、
手術前に確認することができません。そこで歯科用CTを使用し、インプラントを埋入する位置を
精密に診断します。CTで事前に確認できるため、無切開、無はく離での手術ができます。
また手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減につながり、安全で確実な治療を行なうことが できます。

歯周病治療

歯周病が進むと、細菌の感染によって歯を支える骨が溶けてしまいます。
そのため、骨がどのような状態になっているか知る必要があるため、CTレントゲンで骨と歯の
周囲の状態を正確に把握します。

根管治療(歯の根っこの治療)

根管治療では、歯の神経や根っこに潜む細菌をきれいに取り除きます。
CTレントゲンでは、根の本数や神経の入っている管の方向、病巣の大きさなどを正確に
把握することができます。

抜歯

埋まった歯や周囲の歯、神経や血管の位置関係を確認することができます。
また、上顎洞(鼻の奥にある空洞)内部にできた、のう胞(病巣)まで発見することも可能です。

インフォームドコンセント(わかりやすい治療説明)

今まで自分の骨の状態を知ることができなかった患者様に立体的な3次元画像をお見せすることができます。術前術後のインフォームドコンセントを充実させることに繋がり、不安を感じること なく安心して治療にのぞんでいただけます。

PAGE TOP